2016-08-16(Tue)

アシュラムへの扉

インドヨガアシュラムの本を翻訳して毎日更新しています。

私が自分で本を書いたり、映像を作ることはないですけど、世の中に伝えるのは役目なんでしょうね。

ラマナアシュラムへの扉 ブログです

2016-07-08(Fri)

「アシュラムへの扉」ブログ開設☆

「アシュラムへの扉」というタイトルでブログを開設しました。


http://ramana-letters.jp/?pc


南インドの聖者ラマナ・マハルシのアシュラムへ通じる扉としてのサイトです。
facebookのグループページにここ一年半ほど投稿してきた内容がありますので、まずはその内容を読みやすいようにまとめてみました。
.
.
今年の後半は、20年続けてきたラマナ・マハルシの翻訳作業の【一区切り】となるように時を過ごしたいと思います。
翻訳作業は地味で結構な根気が要ります。
だからこそ、カルマヨガ(奉仕のヨガ)になるんですが。
.
中々やる気や集中力が続かなくて、
心萎えることがたびたびあります…
今年の後半やる気を持続させるには、
読者の応援があればとヒラメキました。
.
インドの聖者に興味のある方、
シェアやいいね!やコメントなど
サイトの応援宜しくお願いします☆
.
.

2016-03-25(Fri)

【古代ヨガの会】ヨガスートラ

【古代ヨガの会】
古代の聖典、ヨガ・スートラを読み
聖者の言葉に傾聴する会。

3月22日はお昼の部と夕方の部の2回開催しました。

<内容>
インド哲学 宇宙の展開図
純粋意識~根本原質~個別意識~精神~体




🔷お昼の部
 参加者は、ヨガの先生やアーユルヴェーダに詳しい人ばかりでしたので、かなり深い内容になりました。

宇宙意識から現象世界への変化の過程
と自分の心が変化する仕組みと合わせての解説。

聖典ラマナマハリシの言葉
智恵のある愛
愛のある智恵



🔷夕方の部
 アムリタ生徒さん中心でしたので、
 インド哲学や聖典を学ぶ中で、沸き起こりそうな疑問を取りあげながらの解説が面白かったです。

 ⚫「自分探し」という言葉があります。
  本当の自分探しとは? 

 ⚫精神世界を大切にしながら、
  物質世界を大切にするには。

 ⚫体の栄養は食べ物です。
  精神的、霊的な栄養とは?

 ⚫ストイックに生きなければいけないでしょうか?

 ⚫知識と智恵の違い




2015-10-17(Sat)

踊るシヴァ神ナタラージャ

踊るシヴァ神、ナタラージャ様が、
遙々インドからアムリタまでお越しになりました。

ナタラージャのダンスが止まるとこの世が終わるといわれています。

持ち物は、太鼓と炎。
太鼓のリズムでこの世を創造し、
もう片方の炎は破壊を意味します。

宇宙のリズム、創造、維持、破壊を司る神様。

悪魔を踏み台にして踊ります。
心の悪を踏み砕く、慈悲深い神様です。

永年インドにいた友人が、現地で大切に祀っていたナタラージャ様。
帰国するときに、日本までお供して、
アムリタに寄贈してくれました✨

アムリタで大切に祀らせていただきます✨😌✨








2015-07-20(Mon)

【日曜祈りと瞑想】チャンティング始まります

【日曜祈りと瞑想】
Sunday afternoon chants 始まります⭐

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
・毎週日曜日▶12時45分~30分間
・参加費▶500円
・着替え▶着替えなくても大丈夫です。
床に座れる服装でお願いします。
・予約▶祈りの時間は予約不要ですが、
時間はお守り下さい。
・隔週火曜▶8時30分~30分間
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*




毎朝・毎夕、インドのアシュラムではchanting と言って古代から伝わるヴェーダの言葉を朗唱します。

〈アムリタでの内容〉
マントラを唱えたあと、アシュラムで実際に録音されたヴェーダを聴きます。そして音のない状態で心の耳を内部の響きに傾け静かに座ります。言葉を越えた神聖な響きが騒がしく動き回りたがる心と体を鎮め浄化します。
ヴェーダやマントラの響き、お香の香り、ヨガ専用の空間が自分自身の神聖を呼び覚ましてくれるので、自然に心が内面に向かい穏やかなヨガの心境に移りやすくなります。

この時間は、講座やワークショップとしてではなく、お祈りの時間となります。 アムリタ自身が体感してきたインドアシュラムのお祈りを再現します。知識を積み上げたり、姿勢を見せたりするためではない、心を内面に向ける純粋なお祈りのためのヨガです。

と言っても堅苦しいものではありませんので、参加者の方が自由にそれぞれに何かを感じていただければ幸いです。



ラマナアシュラム チャンティング






リンク
プロフィール

s.amrita

Author:s.amrita
ヨガ暦18年・足圧暦10年。
20代でヨガに出会って以来ヨガのすばらしさを感じています。
30代で足圧療法を始めて、弱かった足腰が強くなりました。
大阪でアムリタを初めて9年目になります。

体の簡単な修正方法からインド哲学、インドの聖者など、どっぷりと深いお話しもしています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード