FC2ブログ
2015-04-01(Wed)

あの世にもっていくもの

ヨガのはなし

日々生徒さんとはヨガを中心に色々とお話しをします。

今日の生徒さんとは
「あの世にもって行くもの、転生の秘密」について話しました。

ヨガのはなし…

「あの世には何ももって行けない」という言葉聞いたことありますよね。

ヨガでは、「想いはもって行く」と言います。

肉体とアストラル体の表面部分は消えます。
アストラル体の深いところとコザール体は生きつづけます。

何度も深く想いつづけたことは潜在意識に刻まれて残ります。そこには、善悪の区別はありません。

これがカルマと呼ばれて転生につながります。

では、やがて消える肉体はそんなに大事ではないのでしょうか?


肉体とそこに付随する心には時間と空間があり、限りがあります。
限りある肉体と心を通して、心を深く慎重に見つめ続けて、限りのない魂、本当の自分を体験するのがヨガの道です。

地上で生きるには肉体が必要です。
その肉体を通して心は色々な想いを経験します。
自分が観る世界で起こる現象は、心が経験するためにあります。

自分が観る世界に想いを巡らせるのか、観ている自分自身に心の眼をむけるのか。
観ている自分自身に心の眼むける道は、ジュニャーナ・ヨガと呼ばれています。

では、静かにじっとしているのが、
良いのでしょうか?

写真は、ジュニャーナ・ヨガの賢者
ラマナ・マハリシです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
プロフィール

s.amrita

Author:s.amrita
ヨガ暦18年・足圧暦10年。
20代でヨガに出会って以来ヨガのすばらしさを感じています。
30代で足圧療法を始めて、弱かった足腰が強くなりました。
大阪でアムリタを初めて9年目になります。

体の簡単な修正方法からインド哲学、インドの聖者など、どっぷりと深いお話しもしています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード