2016-01-18(Mon)

今年初めての古代ヨガの会

明日は今年初めての古代ヨガの会です。

毎回、ラマナ・アシュラムのお祈りを聴いてから始まります。

今も変わらず賢者の存在を感じます。

明日参加の皆様、お待ちしています☆


古代ヨガの会


「沈黙の聖者」から
第11章永遠なる存在
199ページ

バガヴァン(ラマナマハリシ)存命中、
導きは、彼に心を傾けた人すべてに与えられた。

その人が例え近くにいようがいまいが
変わりなく。

導きは今も同じように
アルナーチャラの麓のアシュラムから
特別な力で放射されている。

どこにいてもバガヴァンの存在は感じられる。

存命中バガヴァンの前で行われていたように、朝夕にバガヴァンのサマーディ(墓前)でヴェーダの詠唱がある。

信奉者がそこに座って瞑想をするときにはホールのバガヴァンの前で
座っていたときと同じ力が働いており、
同じように細かな導きがある。







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
プロフィール

s.amrita

Author:s.amrita
ヨガ暦18年・足圧暦10年。
20代でヨガに出会って以来ヨガのすばらしさを感じています。
30代で足圧療法を始めて、弱かった足腰が強くなりました。
大阪でアムリタを初めて9年目になります。

体の簡単な修正方法からインド哲学、インドの聖者など、どっぷりと深いお話しもしています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード