2016-06-21(Tue)

アーユルヴェーダの体質診断

アーユルヴェーダでは、心と体の性質を大きく3つに分けて診断します。

ヴァータ(風)
ピッタ(火)
カパ(土+水)

どれかが優勢で、他の要素と混合している場合が多いそうです。

私は、ピッタ(火)優勢のカパ(水)だと思っていたのですが、ピッタ(心)+ヴァータ(体)
と診断されました。

アムリタに来ている人は、
ピッタ+ヴァータの性質の人が多いみたいです。

行動的で判断力がある。順応性あるけど、自分の意見がしっかりしている。
というタイプの人が多いと思います。

気をつけないと、頑張りすぎる。
ので、ヨガと瞑想で静かな時間を確保しましょう🌟


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
プロフィール

s.amrita

Author:s.amrita
ヨガ暦18年・足圧暦10年。
20代でヨガに出会って以来ヨガのすばらしさを感じています。
30代で足圧療法を始めて、弱かった足腰が強くなりました。
大阪でアムリタを初めて9年目になります。

体の簡単な修正方法からインド哲学、インドの聖者など、どっぷりと深いお話しもしています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード