2015-06-24(Wed)

女神ラクシュミー

ヒンドゥー教の女神ラクシュミー。

美、富、才、健康を司る幸運の女神です。
仏教では吉祥天になって、日本に伝わりました。

アムリタの玄関扉の内側に鎮座されています。アムリタに来て、帰られる方は皆さん、女神ラクシュミーとすれ違いますよ。

皆さんにラクシュミーのご加護がありますように!












2015-06-01(Mon)

インドの女神 ラクシュミ

ヒンドゥー教の女神ラクシュミー。

美、富、才、健康を司る幸運の女神です。
仏教では吉祥天になって、日本に伝わりました。

神様を讃える唄をバジャンといいます。私も大好きなバジャンは、
「Om Jai Lakshmi Mata」
mata は母という意味です。

この唄をうたうとラクシュミーは喜ばれて、幸運をもたらしてくれます。

母なる女神ラクシュミーに栄光あれ!

神様への愛を込めてバジャンを唄い、踊る。
これは、バクティ・ヨガです。
バクティ・ヨガは楽しいですね。


バジャン ラクシュミ
2015-03-28(Sat)

与えること

他者に与えることは
自分に与えることなのです。
それが真実です。

賢者ラマナ
2015-03-28(Sat)

インドの聖者

南インドの聖山、アルナーチャラ。その麓に賢者ラマナ・マハリシのアシュラムがあります。

すべての生き物が身分や条件で区別されることなく、誰でも自由にラマナに会うことができました。アシュラムに定住する人もいれば、定期的に会いに来る人もいました。時折訪れるだけの人、手紙を書くだけの人もいました。

希望者はバガヴァーン・ホールに座り、ラマナと来訪者の会話を聞くことができました。時には自分自身が質問をし、答えを受けることもあります。またただ座っているだけで心安らぎ、満たされることもあります。


管理者は、ラマナアシュラム発行の本を20年弱翻訳してきました。
その翻訳を通じてラマナ・マハリシと交流を続けています。
2012-11-29(Thu)

神さまになった象


昔々、象には翼があり、
大空を自由に飛んでいました。
雲とは大の仲良しでした。

ある日、木の下で聖者が人々に
説教しているのを見つけ枝にとまりました。
枝が折れて下にいた人を殺してしまいました。

神さまは怒って翼を奪ってしまいました。

人々が雨が降らなくて困っているのを知って、
象は友だちの雲に頼んで雨を降らせてもらいました。

人々はとても喜び、象を幸運をもたらす
神さまとしてまつりました。

アムリタの本棚から
「インド旅の絵本」清水潔著から引用させて頂きました。
インド神話です。
リンク
プロフィール

s.amrita

Author:s.amrita
ヨガ暦18年・足圧暦10年。
20代でヨガに出会って以来ヨガのすばらしさを感じています。
30代で足圧療法を始めて、弱かった足腰が強くなりました。
大阪でアムリタを初めて9年目になります。

体の簡単な修正方法からインド哲学、インドの聖者など、どっぷりと深いお話しもしています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード